SH3E0115.jpg
SH3E0041.jpg
いつもるりいろ競馬予想ブログに応援ポチをありがとうございます!競馬予想ランキングにポチ!応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 競馬ブログへにほんブログ村にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村にほんブログ村 競馬ブログ 女性競馬ファンへ にほんブログ村るんるん私を登録 by BlogPeopleよろしくお願いします!るんるんBlogPeople「スポーツ・車・アウトドア/スポーツ」ブログランキング

2013年01月09日

競馬予想-第53回京成杯G3 2000芝 データ分析

第53回京成杯G3 2000芝

データ分析、

単勝人気別成績を集計すると、「1番人気」馬が勝率40.0%、3着内率80.0%、「2番人気」馬が勝率40.0%、3着内率60.0%の優秀な数値を挙げていました。

「5番人気以下」の馬からも2着4頭、3着5頭が出ているが、1着馬10頭はすべて「1〜4番人気」馬の中から送り出されています。

前走の距離別成績では、「芝2000m」組から7頭の勝ち馬が送り出され、その勝率は10.6%、3着内率では28.8%のトップ数値をマークをしていました。

今回と同じ芝2000mの距離を前走で経験していることは、少なからぬプラス材料になる、と評価できるかもすることができるかもしれませんね。

また、「芝1600〜1700m」組が連対率ではトップの20.8%を記録。このグループでは5頭の連対馬がいるが、そのうちの4頭が、前走で朝日杯フューチュリティSに出走していました。

近3走以内における実績をチェックすると、「オープンクラスの芝1800m以上のレースで3着以内」に入っていた馬が連対率で44.4%、3着内率では55.6%という高い数値を記録しています。

また、「500万下の芝2000mのレースで1着」となった経験のある馬も3着内率は42.9%の高い値をマークしています。

過去5年の出走馬の前走の着順別成績を調べてみると、優勝馬5頭中4頭が前走で「1着」、1頭が「3着」だった。過去10年間では2004年のフォーカルポイントが前走「4着」で、このレースを制覇していますが、それ以外の9頭はすべて前走で3着以内に入っていました。


posted by るりいろ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
★サイト・アプリ・ブログで稼ごう★
広告で誰でも簡単お小遣いGET!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。